『バスケットボール戦術学1』刊行記念座談会

「再現性」に着目することで

「観戦力」が高まる

小谷 この書籍で何度も述べられていますが、戦術は能力や体力、体格などに依存するところも大きく、それらが戦術を超えていく事はあり得ます。森さんは、実際の現場でそういう経験はありますか?

 

森 日本代表に帯同させていただいたワールドカップの日本対トルコの第一試合が印象にあります。その時はいろいろなスクリーンなどの戦術を考えて挑んだのですが、結局そのスクリーンを使う前の段階で壊されてしまうことも多くありました。どのプレーをコールしても、単純にすべてフィジカルで壊されて、その戦術を実行するところまでいくことができないんです。やはりある程度はフィジカルでイーブンにたてることが前提で、戦術が機能するんだと感じました。

 

小谷 フィジカルが強いチームをいなすような戦術はあるんですか?

 

前田 自分がいたドイツのチームは、結構フィジカルが強いチームだったのですが、それに対抗してこようとしないチームは嫌でしたね。逆にやりあってくるチームの方がやりやすかったです。特にディフェンスではそうでした。こちらがディナイしたら、相手はボールをもらう努力もせず、次のプレーに流れていってしまうチームは厄介でした。

 

小谷 Bリーグでの戦術の「裏」と「表」の駆け引きで、アルバルク東京はどのようなことをやるチームなのですか?

 

森 アルバルク東京はアグレッシブにディフェンスするのが信条のチームです。壊す側のチームだと思っています。

 

小谷 壊すプレーに対して、うまく対応してくるチームはありますか?

 

森 アルバルクからすると、壊すポイントがいっぱいあるプレーをやってくれるチームが戦いやすいですね。例えば、ボールをたくさん展開して、その後にメインアクションがあるようなプレーです。

そうすると、一個パスをディナイできるだけで、そのプレーが壊れたりするので、そういうプレーに対しては壊しやすいです。

逆に1人の選手がすごく良いピック&ロールプレーヤーで、他のアクションなしにシンプルなピック&ロールだけでギャップを作られてしまうと苦労します。なので、アクションが多ければ多いほど良いというわけではなくて、いかに壊されずにメインのアクションを効率的に行えるかが、アグレッシブなチームに対しては有効なんじゃないかと思います。

 

小谷 他に何かこの書籍の特徴的な部分はありますか?

 

片岡 バスケットボールの「観戦力」を高める効果もあると感じました。Bリーグがスタートし、これまでバスケットボールに馴染みの薄かった多くの方々がアリーナに足を運んでいただけるようになって、私自身、これまで、新規のファンや、他競技を専門とされる方々と一緒に観戦をする事が数多くありましたんですが、簡単な解説等を交えながら観戦をする際に、「再現性」に着目して説明をすると非常に面白がってくれるんです。豪快なダンクシュートで得点があった際などは、なるべく最初の原因を説明するように心掛けました。当然、次のオフェンスでも再現性があれば、ディフェンス側は対応を迫られます。戦術の変更、マッチアップの変更、メンバーチェンジ、タイムアウト等の駆け引きを楽しんでくれていました。次も同じプレーが発生する可能性があるのか、今回の書籍も、プレーの意図や狙いを数多く説明されています。もしかすると、もっとバスケット観戦を楽しみたい層にとっても響く書籍になるのではないかと感じました。

 

前田 「再現性」という言葉は重要だと思います。カテゴリーが下がれば下がるほど、そのプレーが意図したものかそうじゃないかというところで、偶然起きたプレーが多くなってくるので、それは意図して行ったプレーなのか、共通の理解の上で、やっているのか見ればすぐわかる。高校生や中学生では難しいけど、Bリーグになってくるとしっかりできるようになってくる。「再現性」が高いチームには、それに対してディフェンスが対応してくるので、オフェンスはまたその裏をかきやすくもなる。

 

小谷 「再現性」が高いチームの対戦になってくると、より攻防のやり合いが明確に見えてくる。そうすると「裏」と「表」の駆け引きがでてくるんですね。

 

前田 一番大変なのは、たまたま起きたと思ったプレーが、意図したプレーの時です。

 

小谷 これからBリーグを観る際に、攻防のやり合いのところをこの書籍を見ながら観戦していくこともできますね。とくにタイムアウト明けに何をやってくるかなど、そういったところは面白く観戦できるのかもしれないですね。

© BASEBALL MAGAZINE SHA Co., Ltd.