_DSC2278 1_カラー.jpg
アセット 19.png

ゾクッとするような

小さな成功を感じ取る

basketball planet_site_2_komidasi-07.png

競争があったからこそ
ここまで辿り着くことができた

Photo by munehiko yoshida

――今回のテーマである「競争心」について、篠山選手はどういった考えを持っていますか?

篠山 バスケットにかかわらず、競争がほぼほぼ占めているんじゃないでしょうか。スポーツでトップに上り詰めるためには、競争というものが常にそばにないとやっていけないんじゃないかと思います。僕自身、各カテゴリーでいろいろな競争相手がいて、そういう相手に負けたくないという気持ちがあったからこそ、一歩踏み出せたり、きつくても頑張れたりして、ここまで来ました。裏を返せば、競争がなかったらここまで来られていません。それは、ほとんどのトップ選手に共通して言えることだと思います。

――小学校でバスケットを始めて、中学、高校、大学、そして今はB.LEAGUEという日本トップクラスにいますが、プレーのレベルが上がってもそこは変わりませんか?

篠山 変わらないですね。自分だけだったらこんなに頑張れないですよ(笑)。性格的に我慢強いタイプでもないですし、芯が強いタイプでもないと自己分析していて、それでもこうやって頑張れているのはなんでだろうと考えると、「あいつに負けたくない」とか、「あいつがやっているんだったら自分もできる」とか、そういう気持ちがあるからです。「味方のあいつよりも試合に出たい」といったところも含めて、そこは今も変わらないし、大きく占めるところではないかなと。

――それは「負けず嫌い」という言葉にも通じると思いますが、篠山選手は小さい頃からそういう性格だったのですか?

篠山 勉強やゲームでは全然負けず嫌いじゃなかったんですよね。むしろ負けてもいいや、みたいな。そんなにガツガツしているタイプではなかったですね。

――ではバスケットに出会って、そのスイッチが入ったと。

篠山 そうですね。自分はバスケットが好きだということに気づき、みんながきついと思うようなことでも、バスケットだったら楽しくできたんです。だからこそ負けたくないし、勝ったり、活躍することによって、「すごい」って言われたいとか、「有名になりたい」、「モテたい」とか(笑)。そうやって少しずつ形成されていったような気がします。

――北陸高校時代の、眉毛の細いやんちゃなガードは、モテたいとか有名になりたいといった欲もあったんですね。

篠山 もちろん。それはめっちゃ大きかったですね。いろいろなところで言っていますけど、中高生には「頑張れ、モテるから」って言いたい(笑)。競争を楽しもうと思えば、動機はそれで十分だと思うんです。

_DSC2129.jpg

「無理をするな」の時代から

今はアタックが求められている

――競争の話を聞きたいと思ったのは、日本のペイントアタック、ペイントエリア内での決定力が他国に比べて低いと言われているからです。そう言われることに対して、篠山選手はどう思いますか?

篠山 その通りだと思います。

――なぜそうなるのでしょうか?

篠山「無理をするな」と言われて育ってきたからだと思います。少なくとも僕たちはそうです。ディフェンスを一人抜いてヘルプが来たら、誰かがノーマークになるのでそこにパスを出すのが正解だ、と言われて育ってきましたから。

――それをどうやって改善していこうか、という話になるのですが……。

篠山 僕も全国の指導者の皆さんに聞きたいです。どうしましょう? でも、いろいろな意味で、今回の東京オリンピックは分岐点になるんじゃないかと思うんですよ。たとえば僕が国際試合でスティールして、前に相手がいて1on1のシチュエーションだったら、僕は行きません。行かずにドリブルで開いて、誰かがスペースに走り込んでくるのを待つでしょう。もちろん時間や点差との兼ね合いもありますけど。

――かつての指示通り、「無理をするな」ですね。

篠山 はい。ただ、今回の落選を自分なりに考えたとき、1on1の状況でチャレンジするベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)が残ったのは、そういうことなのかなと思うんです……

【インタビュー全文はBasketball Planet Vol.2に掲載】

_DSC2381.jpg
_DSC2306_カラー.jpg

「成功だったか、失敗だったかを

決められるのは自分しかいません。

『経験があったからこそ、

今こうやって成功している』

と言えれば、

失敗だと思っていたことも成功になる。

オセロみたいなものです。

なので、悔しい経験は前を向くための

きっかけなのかなと思います」

日本バスケット界を代表する選手の

一人である篠山竜青は、

どのようにして“競争心”を磨いてきたのか――。

東京オリンピック日本代表からの落選を経て、

また新たな競争に立ち向かう

篠山のロングインタビュー全文は、

Basketball Planet Vol.2に掲載!

syoei_cover_.png

Basketball Planet VOL.2

競争心を育む。

ーペイント内での高い決定力を目指してー

 

バスケットボール・プラネット  (著, 編集)

2021年9月4日発売

篠山竜青 しのやま りゅうせい

1988年生まれ、神奈川県出身。小学3年からバスケットボールを始め、北陸高校では3年時にインターハイで優勝。日本大学に進学後はアンダーカテゴリーの日本代表としてユニバーシアードに出場したほか、インカレ優勝も経験した。2011年に東芝(現・川崎)ブレイブサンダースに加入し、2014年からキャプテンを任される。2016年に日本代表に初招集され、2019年のワールドカップでは日本代表キャプテンを務めた。